2017年10月06日

キバナコスモスの花びらに乗る 小さな蜘蛛

1588-1★三ッ池公園のハエトリグモ.JPG


September 2017
Canon EOS 5D Mark III
Canon EF100mm f/2.8L Macro IS USM


キバナコスモスの花びらに、小さなクモが乗っているのに気づきました。

大きさは5mm前後といったところではないかと思われます。

けっこう長い時間観察したのですが、花びらの影に隠れることはあっても、この一輪から移動することはありませんでした。

花の蜜を吸う、もしくは花粉を食べる。
そんな目的でここにいるのかな?と考えながら、観察&撮影しました。

しかし、観察を続けていると、このクモが何かをポイっと、投げ捨てる姿を目撃しました。

2枚目は、その直後の写真。
続きを読む
posted by mak at 21:01| Comment(0) | 19_その他の小動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月26日

活発に行動する 蜥蜴

1580-1★三ッ池公園のニホントカゲ.JPG


September 2017
Canon EOS 5D Mark III
Canon EF100mm f/2.8L Macro IS USM


尾のブルーが鮮やかな、ニホントカゲ。

地面を歩いていたので、気づきました。

しばらく撮影していると、昆虫を捕食しているシーンも、観察できました。
その印象があるからかもしれませんが、ふっくらしていて、健康そうな個体に見えます。

9/6に掲載したニホンカナヘビの写真と比較すると、尾の長さがずいぶん違いますね。

ニホントカゲの写真を掲載するのは、5年ぶり

季節やいる場所によって体の色が違うのかと思っていたのですが、そうではないのですね。

このブルーの尾をした個体は、まだ若い個体。
成長すると、地味な茶色に変わるようです。

三ッ池公園ではしばしば、ニホントカゲが地面を移動するシーンを見かけます。
今回は隠れる場所が少ないシチュエーションで観察できたので、撮影することができました。

身近な爬虫類だと思っていたのですが、東京都と千葉県では絶滅危惧T類に指定されています(神奈川県では要注目種)。

2012年に、ニホントカゲが”ニホントカゲ”と”ヒガシニホントカゲ”の2種に分割されたようです。

生息エリアからすると、この個体はヒガシニホントカゲになるかと思いますが、撮影した写真では見分けがつきませんでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
posted by mak at 21:18| Comment(0) | 19_その他の小動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年09月06日

15頭身の? ニホンカナヘビ

1466-1★三ッ池公園のニホンカナヘビ.JPG


August 2017
Canon EOS 5D Mark III
Canon EF100mm f/2.8L Macro IS USM


小川沿いの石の上で休んでいた、ニホンカナヘビ。

尾がずいぶんと長いのですね。

頭から胴までの、2倍以上の長さがあるようです。

逆に頭はスリムで、小さく見えます。
この写真で見るとざっと、15頭身といったところでしょうか。

以前、尾を切り落とした個体を、撮影したことがありました。

この写真の個体も、尾の部分の色が胴に比べて薄くなっているのがわかります。
どこから切り落とすか、決まっているのでしょうね。

身を守るのに使うとはいえ、「これだけ長いと不便なこともあるのでは」と、あれこれ想像してしまいました。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
posted by mak at 20:29| Comment(0) | 19_その他の小動物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする