2017年10月13日

朝露滴る葉に乗る バッタの子供

1595-1★三ッ池公園のハラヒシバッタ.JPG


October 2017
Canon EOS 5D Mark III
Canon EF100mm f/2.8L Macro IS USM

ハラヒシバッタ
Tetrix japonica
バッタ目 ヒシバッタ科 ヒシバッタ亜科


天気が良かったこの日の朝。

放射冷却が起こったのか、早朝はずいぶんと冷んやりしていました。

草むらにはみっしりと、朝露がついていました。

そんな草むらを観察したら、この小さな虫が2−3個体、葉の上にいることに気づきました。

大きさは1cmちょっと、といったところでしょうか。

全体的には土色をしていて、「地味な、バッタの子供」という印象でした。

ただ、背中には太い、白いラインが入っていました。

そのラインの上と下の端に、黒い点が乗っていました。
(左右あわせて4つの黒い点)

この写真を撮影した後、「もう少し、近づこう」と思いカメラを接近させたところ、ぴょ〜んと、跳んでしまいました。

小さな体に似合わぬ力強い跳躍だったため、見失ってしまいました。

背中の模様を頼りに調べたのですが、ぴったり合致する写真は、見つけることができませんでした。

身体の形からして、ヒシバッタの仲間ではないかと思われます。
その中でも体色の個体差が多いとされる、ヒシバッタではないかと、推測しました。

バッタの仲間も、いろいろな種類がいるのですね。
気になった個体には、カメラを向けるようにします。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

posted by mak at 21:13| Comment(0) | 10_昆虫 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: