2016年09月11日

燃える炭のような リスアカネ

三ッ池公園のリスアカネ.JPG


September 2016
Canon EOS 5D Mark III
Canon EF100mm f/2.8L Macro IS USM

リスアカネ
Sympetrum risi
節足動物門 昆虫綱
トンボ目 トンボ亜目
トンボ科 アカネ亜科 アカネ属


燃える炭のように赤い、赤蜻蛉。

ロープを巡らす杭の上に、止まっていました。

近づくと飛び立つのですが、しばらくすると、同じ杭に戻ってきます。

そんなやりとりを繰り返して、かなり近くで、撮影することが出来ました。

いわゆる赤蜻蛉については、三ッ池公園ではこれまで、アキアカネショウジョウトンボの写真を、掲載していました。

しかしこの個体は、翅の先に大きな黒い斑点が、入っていました。

2枚目、3枚目の写真は、全身を写したショット。

三ッ池公園のリスアカネ・正面.JPG
   
三ッ池公園のリスアカネ・後ろから.JPG
 


「ショウジョウトンボとは違うなあ」と思い調べてみると、リスアカネという種類だということが、わかりました。

当ブログ、初掲載の種類です。

動物のリスとは、イメージが結びつきませんね。
発見者がRisさんという学者さんだったため、その名前がつけられているそうです。

4枚目の写真は、別の日、別の場所で撮影した写真。
三ッ池公園のリスアカネ・雌の個体.JPG

リスアカネのメスの個体かと思われます。

リスアカネは、神奈川県では「要注目種」に指定されている種類。
さらに関東地方では、千葉県で絶滅危惧T類、東京都で準絶滅危惧種に指定されています。

三ッ池公園には、どのくらいの個体がいるのでしょうね。
これからも注意して観察していきたいと思います。


にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
posted by mak at 20:32| Comment(2) | TrackBack(0) | 12_トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
メスもリスアカネで合ってますよ。
Posted by at 2017年07月25日 23:26
コメントいただきましてありがとうございます。
雌のリスアカネで間違っていないようで、良かったです。
今後も観察を続けます。
Posted by mak at 2017年07月26日 07:09
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック