2011年10月17日

ヒメアカタテハ

0031_1(ヒメアカタテハ?).jpg

September 2011
Canon EOS 40D
Canon EF-S60mm F2.8 マクロ USM

花の間をひらひらと、飛びまわるチョウたち。
まだ、チョウの行動パターンを把握できていない僕は、チョウの動きに翻弄されています。

このショットは、蜜を吸うために花に止まった瞬間を狙っての、一枚です。
図鑑で調べたところ、ヒメアカタテハのようですね。

模様の入り方や色の組み合わせが、なかなか複雑です。
胴の部分ががっしりしていて力強い印象ですが、その中に艶やかさを感じました。

ヒメアカタテハ
Cynthia cardui
節足動物門 昆虫綱
チョウ目
タテハチョウ科
タテハチョウ亜科
posted by mak at 22:36| Comment(2) | TrackBack(0) | 11_チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
ベニハゼとかが逃げても同じ位置に戻るように、
蝶にもお気に入りがあるようです。

また、安全な隠れ場所から美味しい蜜の場所への出勤ルートを「蝶道」というらしい。
同じ時間帯に同じようなルートで、、、サラリーマンのように(笑)

そういうのわかると撮影もスムーズにいきそうです!
IOPの休憩中に、周囲の蝶を観察するといいかも!
Posted by HAL at 2011年10月18日 12:53
>HALさん
アドバイスありがとうございます。
チョウも、お気に入りの場所や経路が、あるのですね。
少し観察してみても分からなかったので、もう少しじっくり、見てみることにします。
HALさんの例えが”ベニハゼ”というあたりが、「伊豆ダイバー同士の会話だなあ」と、面白く感じました。
Posted by mak at 2011年10月18日 22:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック