2020年06月30日

メスはボリュームのある体型 アオイトトンボ

1980-1★三ッ池公園のアオイトトンボ.JPG
 


June 2020
Canon EOS 40D
Canon EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

アオイトトンボ
Lestes temporalis
節足動物門 昆虫綱
トンボ目 イトトンボ亜目
アオイトトンボ科 アオイトトンボ属

 
6/21の記事と同じ場所で、ふたたびアオイトトンボを撮影しました。
 
前回の個体と比べて、腹部は太め。
 
そして、ふっくらした腹部先端は、産卵管ですね。
♀の個体です。
  
しばらくこの場所で撮影したら、腕に虫がとまった感覚がありました。
腕を見てみると、別のアオイトトンボが、とまっていました。
 
けっこうな数が、生息しているようです。
オスもメスもいるということは、このエリアで繁殖しているのでしょうね。
   
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
 .
posted by mak at 20:21| Comment(0) | 12_トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月28日

グリーンをバックに オオシオカラトンボ

1979-1★_MG_2353.JPG
 


June 2020
Canon EOS 40D
Canon EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

オオシオカラトンボ
Orthetrum melania
節足動物門 昆虫綱
トンボ目 トンボ科
シオカラトンボ属

 
2020年も、オオシオカラトンボが飛び交う季節になりました。
 
この場所は人気の休憩場所なのか? 別のトンボも飛んできて、場所取り争いをしていました。
 
そんな抗争のあいまを狙って、じりじりと近づきながらの撮影。
 
梅雨らしいどんよりした空でしたが、淡く輝く草はらのグリーンが、トンボのブルーとマッチしていました。
 
 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
 .
posted by mak at 17:40| Comment(0) | 12_トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月27日

半夏生と額紫陽花が彩る水辺

1978-1★三ッ池公園のハンゲショウ.JPG
 


June 2020
Canon EOS 5D Mark III
Canon EF24-105mm f/4L IS USM

 
2020年も、ハンゲショウがみごとに色づきました。
 
ガクアジサイも見ごろが続いていたので、セットで撮影してみました。
 
お隣の東京では絶滅危惧T類に分類されていますが、三ッ池公園ではボリュームが減ることなく毎年、目を楽しませてくれています。
 
  
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
 .
posted by mak at 17:55| Comment(0) | 31_落ち葉、草むら | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月25日

花から花へと飛び渡る キアゲハ

1977-1★三ッ池公園のキアゲハ.JPG
 

June 2020
Canon EOS 40D
Canon EF70-300mm f/4-5.6L IS USM

キアゲハ
Papilio machaon
節足動物門 昆虫綱
チョウ目
アゲハチョウ科
アゲハチョウ亜科

 
さまざまな花が見ごろを迎えていた、この花壇。
 
キアゲハが、花から花へと飛び渡って、蜜を吸っていました。
 
この花壇にはモンシロチョウツマグロヒョウモンも蜜を吸いに来ていましたが、このキアゲハが飛び掛かって、撃退する姿が観察できました。
 
  
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
 .
posted by mak at 19:07| Comment(0) | 11_チョウ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年06月21日

グリーンに輝く アオイトトンボ

1976★三ッ池公園のアオイトトンボ.JPG
 

June 2020
Canon EOS 5D Mark III
Canon EF100mm f/2.8L Macro IS USM
 
アオイトトンボ
Lestes temporalis
節足動物門 昆虫綱
トンボ目 イトトンボ亜目
アオイトトンボ科 アオイトトンボ属

 
前回、撮影できたエリアでふたたび、イトトンボを探索してみました。
 
なかなか見つけられなかったのですが、ようやくこの、木の杭にとまった個体を、撮影することができました。
 
前回は色が違ったので自信を持てなかったのですが、グリーンに輝くこの姿は、アオイトトンボの♂ですね。
 
遠めの場所から徐々に近づいて撮影したのですが、このサイズに写せる距離まで、寄ることができました。
 
このエリアはこれまで、限られた季節しかトンボ探索をしていなかったので、これからはマメに、チェックしていきたいと思います。

 
にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村
 .
posted by mak at 17:40| Comment(0) | 12_トンボ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする